門真市の特産でもあるれんこんは美味しくて歯にもイイコトだらけ!その秘密に迫る

増田歯科医院のある門真市は現在パナソニックが本社を置き、また大阪のベッドタウンのひとつとしても発展しています。また、江戸時代かられんこんが産物で、今もそれは続いていて、ゆるキャラの「蓮ちゃん」も活躍しています。
今回は、門真市が誇るれんこんを紹介しながら、れんこんがいかに歯に良いかについても詳しく見ていきましょう。

■ れんこんとくわいは門真市の特産品

れんこんとくわいは門真市の特産品

門真市の特産品というと、まず挙げられるのがれんこんとくわいです。門真市は江戸時代から水郷農村だったため、れんこんは盛んに生産されました。しかし、江戸時代から明治時代にかけてのれんこんは細く品質も良くなかったと言われています。大正時代になって他県から優秀なれんこんを取寄せて品種改良を重ねた結果、「河内れんこん」と呼ばれる現在の品質になりました。くわいは昭和30年(1955年)ごろ、れんこんに病が蔓延した時に盛んに生産されるようになりました。また、現在はぶどうも特産品になっています。

■ れんこんはどんな食品?

れんこんは炭水化物が主成分であり、ビタミンCを多く含んだ野菜です。秋から冬の寒い時期が旬となり、てんぷらや煮物、酢ばすなどに調理して食べます。
漢字では「蓮根」が表す通り、泥池の土の中に伸びる地下茎が発達したものです。原産地は中国、インド、エジプトと諸説ありますが、日本でも弥生時代にはすでに自生していました。平安時代には食用として用いられ、鎌倉から江戸時代には中国からの食用の種が土着。明治以降に改良が重ねられ、現在食べているれんこんになりました。

■ れんこんを材料にした門真市の特産品

門真市ではれんこんを食べるだけでなく、材料にしていくつかの特産品を作られています。そのひとつが、れんこんを材料にしたれんこんうどんです。これはれんこんをフリーズドライした粉を練り込んだうどんです。コシがしっかりしている上にもちもち感があり人気です。また、れんこん饅頭もあります。すりおろしたれんこんにエビと枝豆を混ぜて素揚げした食品で、しょうゆベースのきのこの入ったあんをかけて食べます。れんこん独自のもつっちりした感触とエビや枝豆、キノコとマッチしたれんこんの味は癖になる美味しさでしょう。その他、れんこんの癖はなく、こくのあるれんこん焼酎「蓮の宴」も人気です。

■ れんこんを美味しく食べる秘訣は下ごしらえ

れんこんを美味しく食べる秘訣は下ごしらえ

秋から冬はれんこんのお美味しい季節です。しかし、れんこんはあくがありますので、下ごしらえをしないと美味しく食べられません。
また、切ったあとは空気に触れると変色し風味も落ちるので、すぐに水に着けましょう。あく抜きは料理によって異なります。しゃきりした歯ごたえが必要な場合は酢水が、ほっくりとした食感を大切にしたい場合は真水が適しています。輪切りにするか縦切りにするかでも食感は変わります。れんこんを美味しく食べるには正しい下ごしらえが必用なのです。

■ 健康食品としても注目されるれんこん!

門真市の名産品のれんこんは美味しいだけでなく、最近は健康食品としても注目されています。れんこんの主成分は約80%が水分な上、残りの15%は炭水化物です。しかし、ビタミンCをはじめ、ビタミンB1、カリウム、ビチオンなど体に良い成分も含まれます。ビタミンC、ビタミンB1は肌に良く美肌作りにも良い影響が期待されます。ビチオンは肌や髪に対する効果が注目され、血圧の低下を助け疲労感や不眠を回復させるとも言われています。

■ 顎を鍛えるれんこんは歯の健康を促進

れんこんには食物繊維が多く含まれ、便秘の解消の役立つのとともに、歯の健康に役立つことも注目されています。
食物繊維を多く含む食品は門真市の増田歯科医院でも勧めています。植物繊維が多い食品は良く噛んで食べる必要があり、それが歯に良い効果となるのです。よく噛むことにより顎が鍛えられ、歯並びを良くする効果があります。さらに、脳の活性化にもつながり歯の健康にも良い影響が期待できます。

■ れんこんは唾液の分泌をうながし口腔内ケアも進めます

れんこんは唾液の分泌をうながし口腔内ケアも進めます

れんこんの歯の健康に関する効果は、なんといっても食物繊維をよく噛んで食べるために分泌される唾液です。唾液は虫歯の予防や口腔内ケアに欠かせません。口腔内の乾燥をふせぎ殺菌効果もあり、虫歯の原因の虫歯菌の酸を中和し弱める作用すらあります。さらに、歯の表面を守る膜をつくり、酸化した歯を中性に戻し虫歯の部分を再度石灰化するなど、効果は絶大です。このような植物繊維を多く含むれんこんは、口腔内ケアを進め歯磨きまで助けるすぐれものです。

■ れんこんは歯をきれいにする効果もある!食材にした歯に良い食事を

れんこん、ニンジン、ゴボウなど植物繊維を多く含む根菜類は、唾液の分泌を促すのとともに、歯をきれいにする効果もあります。食物繊維は研磨剤に似た成分が含まれているのが原因です。れんこんをはじめとした根菜類は歯の健康に欠かせなく、食事に取り入れることを、おすすめします。

■ まとめ

れんこんは門真市の名産品として食されるだけでなく、素材として他の特産品がつくられていることをご存知なかった方も多いでしょう。
れんこんは含有する食物繊維などにより、歯の健康に欠かせない食品ともいえますので、この機会に特産品なども含めて摂取してみてはいかがでしょうか。
歯に良い食品や口腔内ケアについては、門真市の増田歯科医院にぜひご相談ください。

増田歯科医院では、無料相談を受け付けております。気軽にご相談ください!
まずはお気軽にお問い合わせください