オール・オン・フォー

歯肉を切らずに手術ができる柔軟性の高い包括型ソリューション ストローマン

オール・オン・フォーとは?

総入れ歯をお使いの方や多くの歯を失った方のための最先端のインプラント治療法です。

All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)は、総入れ歯をお使いの方や、多くの歯を無くした方、インプラントを挿入するには奥歯の骨が足りないと診断された方のための最先端のインプラント治療法です。

従来、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。

All-on-4(オールオンフォー)は、インプラントを、骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、片顎4本づつのインプラントで、全ての人工の歯を支えることが出来ます。(※ 顎骨の状態によっては、補助的にインプラントを追加する場合があります。)これにより、上記の様な不安要素を解消することが出来ます。

手術や費用の負担を必要最低限に押さえた新しいインプラント治療法、それが、All-on-4(オールオンフォー)です。

All-on-4(オールオンフォー)All-on-4(オールオンフォー)

■ 機能性・快適性

通常の総入れ歯はかむ力をすべてハグキで支えていますので、硬いものをかむと痛かったり、大きくて違和感があったり、外れやすかったりで、自分の歯のようにはかめません。食べられない物が多くてお困りの方も多いと思います。一方、この「オール オン フォー」は、かむ力すべてを4本のインプラントが支え、ネジで固定していますので、入れ歯のように「すべり」や「ずれ」がなく、何でも自分の歯のようにしっかりとかむことができます。

手術のその日から食べたいものが食べられるようになるのです。また「オール オン フォー」は通常の総入れ歯より小さく、天然の歯との区別が難しいほど自然な仕上がりで、きちんとしたお手入れをすれば治療効果が半永久的に持続するのが魅力です。

■ 治療の対象となる

現在、総入れ歯をご使用の方、もしくは近い将来に残っている歯を全部抜いて総入れ歯を予定している方です。

■ 優れた経済性

インプラント治療は、健康保険適応外(自由診療)ですが、この「オール オン フォー」では、インプラントを4本に減じることにより従来に比べ、治療負担を大幅に軽減することが可能となりました。

オール・オン・フォーのメリット

メリット1:
手術をしたその日に固定式の歯が入って噛める!
メリット2:
基本的に4~6本のインプラントなので経済的!
メリット3:
骨を増やす手術は、基本的に不要!
メリット4:
インプラント本数が少ないので、ご自身のケアも楽!
メリット5:
義歯をしっかり固定するので、取り外しの入れ歯で苦労する必要なし!
まずはお気軽にお問い合わせください